【日記】続・ばあちゃんの話

どうも、お久しぶりですクレヨンハートです!
随分ご無沙汰してしまいました。

前回の記事でおばあちゃんの命が残り僅かだ、というお話をさせていただきましたが、先日祖母は息を引き取りました。
少しお休みをいただいいたおかげ様で、頻繁にばぁちゃんの意識があるうちにたくさんお話ができました。ありがとうございました。

ばぁちゃんは、自分の得よりも他人の得を優先する人で多くの人を陰から支えていたから、多くの人が多忙の中でもばぁちゃんの病室に駆けつけて感謝を述べ泣いていました。
そんな姿を見て「あぁ、俺もこんな風に最期の時を迎えたいな」と思いました。

ばぁちゃんが他界する前、病室で夜中にばぁちゃんと二人きりになる時間があったので、その時に僕はばぁちゃんに伝えたかったことは全部伝えました。
「いつも陰から支えてくれてありがとう、何にも恩返しできなくてごめんね。ばぁちゃんの孫でよかったよ」って言いました。(情けないことに思いっきり泣きながらw)
ばぁちゃん、その時はもうほとんど意識はなかったし話せなかったのですが、僕の手を探して握って、「そんなんええんよ」って言って優しく微笑んでくれました。
その時の笑顔は一生忘れられないと思います。

ばぁちゃんからもらった愛情を僕はばぁちゃんに返せなかったので、これから活動を通して多くの人に分け与えていきたいな、と思っています!

12月半ば頃から本格的に活動再開予定、今はそれに向けて全力で準備しています。
成長した姿を皆様に、そして空から見守っていてくれているばぁちゃんにお見せできるよう頑張ります!
そんな訳でこれからもクレヨンハートをよろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です