【超カンタン】iPadのホーム画面を立体的でお洒落にする壁紙を作る方法

どうもクレヨンハートです。

今日は、非常に簡単なiPadのホーム画面を立体的でお洒落にする壁紙を作る方法を解説していきます。

アイコンが浮き出ているように見える立体的でお洒落なホーム画面

こんな感じのホーム画面になるように壁紙を作っていきます。

①「Unsplash」でお洒落な画像をダウンロードする

「Unsplash」は海外の商用利用可のフリー画像サイトです。

写真のクオリティがどれもものすごく高いです。。。

お好きな画像をダウンロードしてみてください。

今回はこの画像を使用していきます。

②全体にブラーをかけたバージョンを作る

ダウンロードした画像に画像加工アプリを使用してブラーをかけていきます。

今回はprocreateを使用。ブラーをかけられる画像加工アプリであればなんでもOKです。

強くかけすぎるとなんの画像かわからなくなってしまうので、少しだけボカすくらいの気持ちで。

これで、普通のバージョンとボケたバージョンが完成しました。

③壁紙設定する

では、画像を壁紙に設定していきます。

まずは普通のバージョンをロック中の画面の壁紙に設定しましょう。

するとこのようになります。

そして、ボケたバージョンの画像をホーム画面の壁紙に設定しましょう。

これで完成です。

ロックを解除するとアイコンが背景がボケてアイコンが浮き出てくるようなお洒落なホーム画面の完成です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

カメラ好きの方であれば、Unsplashの画像でなく、ご自身でホーム画面用の写真を撮ったりするのも楽しいかもしれませんね。

このように、このブログではiPadを活用して楽しんだり、ガジェットを紹介したり、音楽制作に関する情報を発信したりしています。

もし他にも気になる記事がありましたら見ていってください。

それでは、記事を読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

作編曲家。YouTubeなどでカバー動画や楽曲MVも投稿しています。 連絡先→crayon.heart1231@gmail.com