Spliceの音ネタをcubasisやbeatmaker3で使用する方法

どうもクレヨンハートです。

今日は、Spliceの音ネタをiPadのDAWアプリ「Cubasis」や「beatmaker3」で読み込む方法をお話します。

①Spliceアプリをインストール

App StoreよりSpliceをインストールしてください。

②音ネタを探す

使用したい音ネタを探してください。

アプリを起動してログインすれば普通にPCで音ネタを探すのと同じように探すことができます。

③音ネタをダウンロードする

使用したい音ネタが見つかったらダウンロードしましょう。

ダウンロードしたい音の右側にある3つ点が並んでいるところをタップ
「Add to Library」をタップ(クレジットが必要です)
「Save to Files」をタップ

以上の工程を行った後、ご自身の管理しやすいフォルダを指定するとダウンロードされます。

④DAWアプリで音ネタのファイルをインポートする

Cubasisでインポートする方法

  1. 「Media」をタップ
  2. 「Audio」をタップ
  3. 「Import」をタップ
「File」をタップし、先ほど保存した音ネタのファイルを指定する

これで完了です。

「My Audio File」の中に音ネタが読み込まれています。

オーディオトラックに読み込むこともサンプラートラックに読み込むことも可能です。

Beatmaker3でインポートする方法

画面左上の赤丸部分をタップ

画面右下の赤丸部分「Files」をタップし、ダウンロードした音ネタのファイルを指定。

画像の数字の順にタップすると「Imports」フォルダに音ネタファイルが入っています。

まとめ

いかがでしょうか。一度読み込んでしまえば、サンプルをそのまま使用することもできますし、Cubasisのサンプラートラックで使用したり、Beatmaker3でスライスしてパッドに割り当ててサンプリングするなんてこともできます。

そうなると、かなりiPadでのトラックメイクの幅が広がりますよね。

ぜひ活用してみてください。

このブログでは、このように音楽制作の情報やiPadの情報を発信しています。

他にも気になる記事があればもしよければ見ていってください。

それでは、最後まで記事を読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

作編曲家。YouTubeなどでカバー動画や楽曲MVも投稿しています。 連絡先→crayon.heart1231@gmail.com